台湾南部最大のゲイサウナ「緑の館」の近くにある台南料理店です。ツアー客も利用する観光客向けの食堂ですが、味は間違いないと思います。150元以上の注文すると屋内で飲食可能です。

場所は台南駅から約1km、徒歩12分くらいです。近所には「赤崁楼」や「林百貨店」などがあるので、観光のついでにもおすすめです。営業時間は平日は11:00から14:30までと17:00から21:00までです。土日は昼から夜まで、通しで営業しています。

台南で唯一のゲイサウナ「緑の館」からはすぐです。この緑の館ですが、台湾南部で最も広いゲイサウナです。年齢層は高いですが、集客力があるので、ワンチャンあるかもしれません。高雄を拠点にして日帰りで観光するのもおすすめです。

話が脱線してしまいましたが、観光客慣れしたおばちゃんが案内してくれます。150元以上の注文をすると冷房のきいた屋内で食事をする事ができます。2階の方が台湾っぽくてお洒落な内装になっているのですが、今回は1階に通されてしまいました。

メニューです。2種類ある420元のセットがおすすめらしいです。アルコール類はビールのみで130元です。日本人と分かるとおばちゃんに「ビール飲む?」と誘惑されます。

筆者は単品で注文しました。そもそも台湾はセットが安い!という風習がない国のように思えます。パイナップルケーキとか買う時にいつも単価を計算するのですが、5個入りも10個入りも大体同じ単価だったりします。

まず、担仔麺65元と蝦巻80元です。この担仔麺、かなりニンニクきいてます。筆者の場合、この麺を食ってから緑の館に行ったのですが、かなり後悔しました。ただ、どっちも期待以上に美味しかったです。

蚵仔煎120元は小ぶりの牡蠣がたっぷり入っていて癖になる味でした。オムレツというよりは、肉圓の皮みたいな食感でした。これだけ食べて、日本円で1000円くらいだったのでお得じゃないかな?と思います。

地図の中心へ
交通状況
自転車で行く
乗換

<最終訪問:2019年9月>

- 関連記事 -