ベトナムの麺料理と言えばフォーが有名ですが、ハノイの麺と言えばブンです。今回は、そんなブンが頂ける超人気店ブンチャーダッキム(Bún Chả Đắc Kim)をご紹介します。

場所は、タンロン水上人形劇場から約650m、徒歩8分くらいです。営業時間は9:00から21:00までです。周りには似たようなお店が数店ありますので、間違えないようにしましょう。

まだ9:30だというのに店先には大量の肉!肉!肉!こりゃ期待が膨らみます。スタッフはみんな楽しそうに働いていて好印象です。

店内はローカルな雰囲気漂う4階建てです。トイレは4階にあります。メニューは3種類で、つけ麺60,000ドンか、揚げ春巻き65,000か、それらのコンボ100,000ドンです。ビールは20,000ドンです。若干ハノイの方が物価は安いように思いました。

注文するとドカっと野菜とブンが並べられます。因みにブンとは、素麺のような米の麺で、ハノイではフォーよりも日常的に食べられています。ハノイにきたら、絶対食べておきたい料理の一つです。

大量の肉が入った温かくて甘ぁ〜いつけ汁に、野菜と唐辛子とニンニクとブンを入れて、つけ麺のようにしていただきます。これがですね、ビールに合うんです。ニンニクを大量に入れて、つまみとして食べるのもおすすめです。ハノイに行ったら、絶対一度は食べてみて下さい。

地図の中心へ
交通状況
自転車で行く
乗換

<最終訪問:2018年8月>

- 関連記事 -