あまりの旨さに2食連続で通ってしまったデジクッパの有名店の「ハルメクッパ」誠に勝手ながら、凡一洞の最強グルメと認定させてもらいます。釜山に行ったら、必ず一度は食べてみてください!

IMG_8228 IMG_8178

場所は凡一駅の7番出口から徒歩10分くらいです。映画「友へ チング」の舞台になった歩道橋を渡るので、ちょっとした観光気分も味わえます。写真で見るとちょっとな素敵な景色に見えますが、実際はただのドブ川です。

IMG_8229

営業時間はnaver mapの情報では10:00から20:00までで、日曜が定休日となっています。春節の時期も閉店しています。火曜11:45に訪問しましたが、店内は満席。筆者の前には3組待っています。しかし、回転率が高いので、10分くらい待っただけで着席できました。

IMG_8231 IMG_8230

メニューです。ハングル読めないので予習した通りに「タロクッパ・ハナ・チュセヨ」と注文しました。店内はテーブル席と座敷があります。ランチタイムは地元のサラリーマンでごった返すので、一人客は相席になります。むしろ、その方がゆっくり食べることができて、個人的には有り難いです。

IMG_8233

キムチは、ランチタイムのみ取り放題です。夕方に行くとお皿に盛られた状態で出てきます。キムチと豚肉のコンビは本当に最強ですね。

IMG_8232 IMG_8235

タロクッパ6,000ウォンです。この記事を書きながら気づいたのですが、デジクッパは5,500ウォンなんですね。ご飯とスープを別にすると500ウォンかかるらしいです。あっさりとしたスープがたまりません。肉もゴロゴロ入っているし、これで6,000ウォンとはかなりコスパ高いです。突き出しのニラをクッパにぶっこんでいただきます!

IMG_8241 IMG_8242

こちらは、スベッ(釜山の方言でスユッベッパン(수육백반)の略:茹で肉定食)7,000ウォンです。このスベッの肉の量が魅力的でついつい再訪しました。この臭みのない豚肉にあみえびの塩辛をのせていただくと、最高にマシソヨなんです。釜山に行ったら、絶対食べてみてください。

<最終訪問:2018年2月>