台北の松山に新しくオープンしたゲイホテルです。ハッテン場・休憩のみのホテルとしても機能していますので、宿泊しない場合の利用方法についてご紹介します。

“G’s Hotel”について

IMG_9289 IMG_9290 IMG_9218 IMG_9232 IMG_9233 IMG_9235 IMG_9207

ゲイホテル
客層:30〜50代のオールジャンル
営業時間:24時間
住所:台北市南京東路五段322號
電話番号:02-2766-1116
定休日:なし
入場料:400元
ホームページ:http://www.gshome.co/

“G’s Hotel”の行き方

IMG_9253 IMG_9220

MRTの南京三民路駅から約450m、徒歩6分くらいです。また、台鉄の松山火車駅から約1.1km、徒歩15分くらいです。

“G’s Hotel”の楽しみ方

館内着:腰巻きタオル
【1階】受付
【2階】ロッカー、シャワー、サウナ(故障中)
【3・4階】シャワー、休憩スペース
【5階】シャワー、サウナ、発展エリア

ロッカーのみの利用の場合は、24時間400元です。個室とロッカーを利用できる休憩の場合は、2時間480元・3時間580元です。清潔感があって施設としては申し分ないのですが、ゲイの宿泊先としては立地がかなり悪いです。筆者の場合、火曜に宿泊しました。他にも10人くらいが宿泊していましたが、ホテルとしての側面が強くハッテン場としてはほとんど機能していないように感じました。また、欧米人が多いのがこのゲイホテルの最大の特徴だと思いました。もし、ハッテン場として利用したい場合は、土曜の夜を強くおすすめします。

<最終訪問:2018年3月>