6月19日からいよいよ国内旅行解禁!ということで、しばらくは、ウィズコロナ時代の国内旅行についてお届けしたいと思っています。今回の行き先は、グルメ天国「名古屋」です。

JR東海ツアーズ:https://www.jrtours.co.jp

期待と不安を抱えて、いよいよ名古屋に向けて出発です。と、その前に、旅費についてです。JR東海ツアーズで5月26日に予約しました。新幹線とホテル代で27,300円税込でした。JR東海ツアーズは21日前まではキャンセルが無料ですし、こだまではなくのぞみを選択していれば乗り遅れ時の列車の変更にも対応してくれます。

国内旅行解禁日ってことで、東京駅の新幹線ホームには記者の姿がちらほら。筆者は振替休日とはいえ、カメラには写りたくないので、そそくさと列車に乗り込みました。車内はガラガラかな?と思っていましたが、指定席車両の窓側は全席埋まってました。

新幹線車内では、2020年3月から無料でwi-fiが使えるようになりました。YouTube観てたらあっという間に名古屋に到着です。筆者もゆくゆくはベトナムでモッパン系の動画を撮影しようと思っています。ベトナム国内のニュースでは、海外旅行は9月中旬に解禁されるという噂なので、その日を心待ちにしています。

味仙 JR名古屋駅店:https://tabelog.com/aichi/A2301/A230101/23058422

名古屋に着いたらまず味仙っしょ!ってことで、名古屋駅構内のお店に行ってきました。筆者が名古屋メシにハマったきっかけにもなった台湾ラーメンのお店です。なんで名古屋?とよく聞かれますが、個人的にはこれまで旅した日本の都市の中で、食文化が最もイケてるのが名古屋だと思っています。素材勝負という訳ではなく、味つけが独創的で且つ完成度高いのが魅力ですね。また、訪れる度に発見があるのも愉しいです。あくまで個人的な見解なんで、異論はご自由に。

コロナ対策についてですが、こうした商業施設の方がしっかりとした対策が取られている印象を受けました。カウンター席には1席分の間隔を空けて座ります。一人旅の身としては、かなり優雅な気分になります。

瓶ビール550円、手羽先480円、台湾ラーメン750円です。税抜です。味仙は東京の神田駅の近くにも店舗があるのですが、店舗によって結構味が違うらしいです。旅行者なんで味より立地優先ですね。

The B:https://www.theb-hotels.com/theb/nagoya

今回の宿は、栄駅から徒歩5分くらいにあるThe Bです。何回か泊まったことがあって、フロントが2階でチェックイン後は1階からエレベーターで直接部屋に行けるんで気に入ってます。理由は、お察し下さいませ。仮眠して、名古屋在住のゲイ友おすすめの焼き鳥屋「きんぼし」に向かいます。

<最終編集:2020年6月>

- 関連記事 -