booking.comやagodaに掲載されている東大邱駅周辺のモーテルは高いので、今回は予約なしで値段交渉してみました。後編は、土曜に宿泊した時の体験談です。大邱でゲイ活を満喫したい方は必見です。

3軒目:Residence Hotel R

スクリーンショット 2018-07-27 12.42.03

前編で紹介したCello Motelの居心地が良かったので連泊してもよかったのですが、夜勤のスタッフの対応がクソ悪かったので、別のモーテルを探してみる事にしました。しかし、昼前からその日に泊まるモーテルを探すのは至難の技でした。

まず、agodaでも予約ができるCello Motelから徒歩3分のResidence Hotel Rで交渉してみました。2階にある受付で「いくらですか?」と聞くと「55,000ウォン」との事でした。例の如く、交渉すると5,000ウォンは値下げしてくれますが、チェックインタイムが16:00と言われました。これならCello Motelに連泊した方がいいと判断して退散しました。

4軒目:IN THE HOTEL

IMG_1381

界隈にはResidence Hotel R以外にもモーテルがたくさんあるので、外観が割とキレイだったIN THE HOTELでも交渉してみました。受付のおっちゃんに「いくらですか?」と聞くと腕時計を指差して「ノー!ノー!」の一点張り。3つ目の教訓は、昼前にモーテルを探してもそのまま部屋に通してくれる(アーリーチェックインに対応)ところは少ないという事です。

5軒目:Cello Motel

IMG_1434

二進も三進もいかなかったので、結局Cello Motel戻って、受付のおっさんに「お願い!お願い!」と懇願しまくって、週末料金の定価の45,000ウォンをクレジットカードで支払い、無事に連泊することができました。最後に得た教訓は、もし連泊希望なら一泊目からその事を伝えて交渉した方がいいという事です。気になるCello Motelの部屋については後日アップします。

大邱のゲイバーで情報収集してみたら、Paradice Motelがおすすめという意見が多かったので、次回はそちらに挑戦してみようと思います。みなさんも是非一度は韓国のモーテルで値段交渉にチャレンジしてみて下さい。男同士でもケンチャナヨ!

<最終編集:2018年7月>