KTXの東大邱駅周辺にあるゲイバーです。大邱に住む若者が多くショットバー形式なので、軽く1杯という使い方もできて便利です。とりあえず、大邱のゲイバーに行ってみたいという方にはおすすめです。

“HERO”について

IMG_1343 IMG_1344 IMG_1345 IMG_1346

ゲイバー
客層:20〜40代くらい・外国人OK
営業時間:
住所:
電話番号:
定休日:
ホームページ:

“HERO”の行き方

IMG_1341 IMG_1342

KTXの停車する東大邱駅から徒歩7分くらいです。周辺はゲイバー通りとなっていて、ゲイバーをはじめ、ソジュバンやビアンバーが軒を連ねます。

“HERO”の体験談

− 2018年7月13日(金)

大邱に住むゲイリブ活動家の韓国人ゲイの友人と訪問しました。お店の情報の前に、少しだけ韓国のLGBTについて情報共有しておきます。彼曰く、韓国のLGBTは非常に女性の活動家が多いんだそうです。確かに韓国の女性は、逞しく自尊心が強い印象です。それに応じて、韓国のレズビアン社会も広く活発になっていったのではないかと思われます。7月14日(土)に開催されたソウルのプライドパレードのニュースでも特集を組まれていたのは、レズビアンの団体のリーダーでした。一方、ゲイ社会では、40代以上の韓国人ゲイは結婚して家庭を持っている人も多く、ゲイリブ活動には消極的なんだそうです。パレードに参加するのは、若い世代のゲイが大半なんだそうです。

さて、HEROについてですが、金曜21:45頃に訪問しました。友人曰く、大邱に住む若いゲイが最も多く集まるゲイバーなんだそうです。ショットバー形式なので、基本的にはスタッフからの接客はありません。「1杯どうぞ!」って言っても接客態度は変わらない雰囲気でした。飲み物は、1杯5,000ウォン〜とリーズナブルで、料金設定はソウルのゲイバーとあまり変わりません。店内にはダーツやビリヤード台があり、若者たちの社交場となっているようでした。この日は20代のカップルが2組いましたが、4人共みんな素朴な雰囲気で可愛かったです。3Pさせてくれないかな?と妄想が膨らみました。とりあえず、大邱のゲイバーに行ってみたいと言う方には最もおすすめです。

<最終訪問:2018年7月>