仁川といえば空港が有名ですが、実はチャイナタウンとしても有名です。そんな仁川にあるフードコートでは韓国風中華料理が手軽にいただけます。ハーフ&ハーフで酢豚も注文できるので、一人旅におすすめです。

IMG_9575

場所は、地下鉄1号線の富平駅の隣のビルです。ロッテマートは、百貨店ではないのでイトーヨーカ堂みたいな雰囲気です。食料品売り場は、広くて品揃えが豊富なのでお土産を買う時に便利です。

IMG_9598 IMG_9596

地下1階のフードコートです。同じフロアには韓国料理の定食屋やパン屋、搾りたてジュースの店、本屋なんかもあります。その中でも最も活気のあるこちらの韓国風中華料理の店を選びました。

IMG_9597

メニューです。写真付きのメニューもあります。韓国風中華料理といえば、ジャージャー麺・ちゃんぽん・酢豚が有名ですよね。なんと仁川では、それらのメニューのハーフ&ハーフが主流なんです。他店でもハーフ&ハーフは食べられるのかな?ちょっとわかりませんが、仁川ではごく当たり前のようです。

IMG_9608 IMG_9609

酢豚とちゃんぽんのハーフ&ハーフ(たぶん7,000ウォン)をチョイス!一人旅だと酢豚は注文しずらいので、とても有難いです。初めての酢豚とちゃんぽんでしたが、マジ美味いです。ただ、これじゃ画像補正し過ぎて絵の具汁みたいですね。

IMG_9603

こちらが補正前です。まず、酢豚。日本の酢豚とは違って細切りの豚肉をカリカリに揚げて、甘しょっぱいタレであえています。次に、ちゃんぽん。スープに魚介と野菜の旨味が滲み出てて、太めのたまご麺との相性は抜群です。味に深みがあって、日本人の舌にも合うと思います。

IMG_9753

ジャージャー麺と酢豚(6,500ウォン)もいただきましたが、やはりジャージャー麺は筆者の好みではなかったです。他にもたくさんのメニューと組み合わせがあるので、韓国風中華料理に興味がある方はぜひ行ってみて下さい。

<最終訪問:2018年4月>