エバー航空で台湾へ!後編では、桃園空港15:20発BR196の機内食やエンタメを紹介しています。また、非常用設備の案内ビデオが素晴らしかったので紹介させてもらいました。

IMG_9291

初の桃園MRTで台北駅から桃園空港に向います。wi-fiも使えるし、本当に快適ですね、ただ、列車内にトイレはないようなので、これならバスも同じじゃんと思いました。あと「この読書灯いる?」と少し疑問に思いました。

IMG_9295 IMG_9296

桃園空港の荷物検査から出国審査がめちゃめちゃ混んでて、1時間くらいかかりました。今年こそ「常客証」申請しようと思います。桃園空港15:20発のBR196は2人の乗客の遅れが原因で約5分の遅れで出発しました。

IMG_9297

機材はA330-300で、2×4×2シートです。高雄線とは違い、エンタメが充実していて「リメンバー・ミー」を観ることができました。観終わって感動してたら隣の台湾人に「没有」と笑われました。

IMG_9304 IMG_9305

機内食は「鶏の照り焼き・胡瓜のピクルスと野菜・ご飯添え」か「魚のフライにチーズクリームソース・バター風味ポテトと野菜」でした。筆者はチキンにしました。メニューと実際の料理に差があるような気がしましたが、美味しくいただきました。

久しぶりにエバー航空に乗ったのですが、こんなに素晴らしい非常用設備の案内ビデオは初めて観ました。台湾人って本当に芸術性に優れていますよね。次回、台湾に行く際は「アート」をテーマに観光してみたいなと思いました。

<最終編集:2018年3月>