エバー航空で台湾へ!前編では、サプライスで予約した航空券や事前座席指定について、成田12:25発BR107の機内食や機内エンタメについてご紹介します。

スクリーンショット 2018-03-23 23.02.35

サプライス!:https://www.surpricenow.com

まず、航空券代についてです。2017年5月15日にサプライスという格安航空券の予約サイトで購入しました。成田高雄・桃園成田の往復で26,300円でした。現在、サプライスでは毎年恒例の周年セールを4月3日まで実施中です。5,000円引きで航空券をゲットするチャンスですので、試しに検索だけでもしてみてはいかがでしょうか?

IMG_8543 IMG_8544

さて、出発当日です。ウェブチェックインが可能なので、荷物がない場合はカウンターは経由せずに直接ゲートに向かう事ができます。成田12:25発のBR107は10分遅れて搭乗開始でしたが、ほぼ定刻通りに出発しました。成田から高雄へは、台北より30分長い約4時間のフライトです。

IMG_8566

機材はA321-200で3×3シートです。機内エンタメはありません。4時間もぼけっとするのはさすがにキツいので、動画保存アプリを使ってひたすらYOUTUBEを観てました。尚、サプライスでエバー航空の航空券買った場合でも、事前の座席指定が可能です。

IMG_8556 IMG_8558

機内食は「キノコとポークスライスの卵チャーハン添え」か「和風黒砂糖チキン唐揚げのライス添え」でした。筆者はポークを選びましたが、隣の人が頼んだチキンの方が旨そうでした。

IMG_8574

機内食の1時間後くらいにスナックとドリンクのサービスもありました。この日のフライトは機体がすごく揺れて少し酔いました。エバー航空に乗るなら、後編で紹介するA330-300の成田桃園便の方が快適でした。

<最終編集:2018年3月>