蒋介石も訪れたという台中の老舗上海料理店です。台中で最も美味しいと言われている蟹の身がたっぷり入った蟹粉小籠包はまさに絶品です。台中に起こしの際はぜひ一度ご賞味あれ!

IMG_8911

台鉄の台中駅から徒歩7〜8分です。日曜12:50頃に訪問しました。店内は満席でした。スタッフに「店内で待つか、席ができたら電話しましょうか?」と聞かれたので、店内で待つことにしました。営業時間は11:00から14:00までと17:00から21:00まで、月曜定休です。

IMG_8912

名物の小籠包は入り口付近で作っているところを見学できます。満席の店内を見回すとほとんどが家族連れのグループでしたが、有り難いことにお一人様専用のテーブルが一つだけありました。2〜3名だと円卓に相席の場合もあるみたいなので、利用する側も臨機応変に対応しましょう。

IMG_8827

30分くらい待って13:20頃にようやく席に通されました。メニューは1皿200元前後です。しかし、注文するにも「麺・チャーハン類は厨房が今忙しいから作る事ができない」との事。ええ?!と思いましたが、お目当ては小籠包のみだったので、注文する予定だった排骨麺などは諦めました。

IMG_8914 IMG_8913

まずは、醉雞300元を注文しました。醉雞とは、蒸し鶏の紹興酒漬けの事です。冷製なので前菜にぴったりです。紹興酒によく浸かっていて上品な味わいです。脂の部分はプルプルになっていてコラーゲンたっぷりです。

IMG_8915 IMG_8916

続いて蝦仁蒸餃180元、エビ入り蒸し餃子です。味は想像通りでしたが、ボリューム満点でコスパ高いです。

IMG_8917 IMG_8918

じゃんじゃじゃーん!これぞ、台中で一番美味しいと言われている蟹粉小籠包200元です。蟹の身の食感も味もしっかりと感じられて、まじで旨いです。しかも、大きさは鼎泰豊の1.5倍はあると思われます。「蟹の小籠包」単品だったら、鼎泰豊よりこちらの沁園春に軍配が上がると思います。

IMG_8848

かなりの人気店ですので、絶対に待ちなくないという人はオープン直後を狙うしかないです。ランチは13:45くらいまでに入れば、受け付けてくれるみたいです。一人で行く場合は、相席覚悟で行けば案外すんなり入れるかもしれません。台中へ起こしの際は、ぜひ一度ご賞味下さい。

<最終訪問:2018年3月>