2017年秋、筆者にも遅れてやってきた韓流ブーム。ドラマで度々出てくるジャージャー麺、念願叶ってやっと食べることができました。香港飯店0410は、新大久保にもお店がある有名チェーン店です。

o0720048012326260550

筆者がジャージャー麺を知ったのは、この韓流ドラマ「ファンタスティック・カップル」でした。劇中で主演の2人がいつも美味しそうにジャージャー麺を食べてて、いつか自分も食べてみたいなと思うようになりました。

IMG_8050 IMG_8051

偶然、東大邱駅前にジャージャー麺などのコリアン中華料理のチェーン店「香港飯店0410」を見つけたので、ついに初ジャージャー麺をいただくことにしました。この香港飯店ですが、名物は韓国風ちゃんぽんで新大久保にもお店があります。まさに、東アジア食文化のフュージョン料理店ですね。

IMG_8052 IMG_8053

ジャージャー麺は4,000ウォンです。新大久保だと700円ですので、ちょっと得した気分です。韓国風ちゃんぽんは5,000ウォン、酢豚は9,500ウォンです。これらのコリアン中華料理については、4月に仁川を旅する時に改めてレポートします。

IMG_8054

他店についてはわかりませんが、東大邱店は前金制です。注文と同時に4,000ウォンを払いました。食べ終わったらさっさと出て行き易くて、筆者のようなお一人様にはいいですね。そういや韓国って食券制の店がない気がします。なんでなんだろ?

IMG_8055 IMG_8056

じゃーん!ついに念願のジャージャー麺をいただきます。ドラマみたいによーく混ぜて、いざ実食。んんん?太めのモチモチ麺に、炒めたというか焦がした玉ねぎの香ばしさと甘味噌がマッチして、味は普通です。結構なボリュームな割に味が単調なので、たくわんがいい仕事してくれます。この店でのジャージャー麺のリピートはもうないと思います。

【追記】

IMG_1394 IMG_1387

メニューが値上げされていました。ジャージャー麺4,500ウォン、ちゃんぽん5,500、酢豚11,00ウォンでした。しかし、ハーフ&ハーフにも対応してくれるようになり、一人旅には利用し易くなりました。

IMG_1425 IMG_1426

前回のジャージャー麺は微妙だったので、今回はちゃんぽん5,500ウォンを注文しました。これが大当たり!値段の割にボリューム満点でとても美味しかったです。

<最終訪問:2018年7月>