Xin chào các bạn!ベトナム語の学習をはじめて半年が経過しました。ゲイリーマンがベトナム語を習得していく上で思ったこと・感じたことを綴っていくレポートです。

実際に使えたベトナム語 TOP3

今年の1月、ベトナム語を学習し始めて、初めてベトナムへ行ってきました。普段は、独学で文法、授業で発音・音調を勉強しているので、いざ会話となると全く自信がありませんでした。そんな中でも、この言葉は便利だ!通じた!ウケた!というベトナム語を紹介します。

1、Bao nhiêu tiền?(バオ・ニュー・ティン?)

「いくらですか?」これは最も良く使いました。しかも、発音が簡単なので、旅行者でも確実に相手に伝わります。ティンは疑問文でも語尾を上げないことがポイントです。買い物やバイタクの値段交渉でよく使いました。ホーチミンのサイゴン動植物園の立ちんぼの子にも(たぶん)使えます。

2、Đắt quá!(ダックァ!)

(値段が)高過ぎる!本気で吹っ掛けられると思わず「たっけぇ!」と日本語が出てしまってましたが、交渉の余地がある時は、この言葉で「ベトナム好き」をアピールしてみました。1と2、あとベトナム語の数字の読み方を覚えれば、ショッピングでの交渉は断然楽しくなります。

3、Cho tôi cái này.(チョー・トイ・カイ・ナイ)

日本語で言う「これちょうだい」に当たります。くだけた表現ではありますが、屋台やカフェで注文する際に使える一言です。ハッテン場で、ちんぽを指差して言ってみてもいいかもしれませんね。

ベトナム語を知る上でおすすめの映画

diem-danh-nhung-bo-phim-bom-tan-ra-rap-thang-4

NẮNG
http://www.youtube.com/watch?v=ZQcG86vhe5U

ゲイ要素は一切ありませんが、ベトナム語がどんな話し方でどんな雰囲気の言語かを知るにはぴったりの映画です。英語の字幕付きなので、興味がある方はぜひ参考にしてみて下さい。

半年間、勉強してみての感想

正直、全く話せるようにはなっていません。簡単な挨拶でさえ、上手くできません。未だに、母音の聞き分けも間違えます。でもベトナム語を勉強するのは非常に楽しいです。ベトナム語に限った事ではないですが、30歳過ぎてもこんなに貪欲に勉強したいと思えている事に驚きの毎日です。

最後に、6月25日(日)にベトナム語検定5級の試験を受けることにしました。今回がなんと記念すべき第1回目のベトナム語検定になります。過去問がないので、どんな内容なのかさっぱりわかりませんが、日頃の成果を試してみようと思います。そして、いつの日か1級に合格できるように、これからもコツコツ頑張っていこうと思います。試験結果については、また改めてご報告します。

<最終編集:2017年5月>