バンコクが世界に誇る「The Babylon(バビロン)Bangkok Bed & Breakfast」の宿泊レポートです。後編は、レストランや朝食、宿泊者限定の特典についてご紹介します。コスパ最高!


IMG_2711

日も暮れたので、発展エリアに入場します。宿泊者は、チェックインの際に宿泊期間中、自由に出入りできるMultipleチケットがもらえます。バビロンの入場料は平日230バーツですので、2人で宿泊している場合、これはかなりお得です。但し、1日中、同じロッカーはを使うことになります。

IMG_2713 IMG_2707

発展エリアにあるレストランです。こういったレストランはべらぼうに高いと思い込んでいたので、利用したことがありませんでしたが、メニューを見てみると価格帯は100から300バーツくらいでした。下手にシーロムで食べるよりもコスパ高いかもしれません。

IMG_2706

ドリンクメニューです。この他にも、スムージーやカクテルなどがあります。マンゴースムージー80バーツをいただきましたが、量も多くて美味しかったです。利用時はスタッフにロッカーNoを伝えるだけで、発展エリアを退出する際にまとめて料金を支払います。

IMG_2661 IMG_2731

朝食は7:00からです。6階のリビングで提供されます。卵と麺料理以外はバイキング形式になっているので、思う存分に食べることができます。写真以外にも、食後にはフルーツやヨーグルトなどもあり、今までバンコクのホテルで食べたどのホテルよりもメニューが豊富で美味しかったです。まぁ、ドミトリーが多かったから当然か。

IMG_2732

チェックアウトは12:00までです。チェックアウトをすると当日1度だけ発展エリアに入場できるチケットがもらえます。つまり、1泊2日で宿泊すると2日分の無料券がもらえることになります。宿泊料金が1,200バーツの部屋に2人で宿泊するとして、230バーツ×2人×2日分=920バーツがお得になる計算ですので、実質280バーツで宿泊できるということになります。しかも、あんな素晴らしい朝食付きです。

IMG_2740 IMG_2742

ケチ臭いことばかり考えてしまう自分を恥じつつ、10:30のオープンと同時に発展エリアに入場し、プールサイドでだらだらと過ごしました。ゲイサウナとして有名なBabylonですが、ゲイホテルとしても非常に優秀でした。9月24日(土)の泡パーティの際は、プールが臨める部屋に宿泊する予定なので、引き続きご期待下さい。

<最終訪問:2016年8月>