週末の弾丸旅行者のために名店「牛店」の牛肉麺を確実に食べる方法をご紹介します。ポイントは11:30までにお店に着くこと、名前を記入すること、牛肉麺を食べることの3点です。


IMG_0376

場所はレインボーサウナの真向かいにあります。営業時間(昼11:30-15:00/夜17:00-20:30/月曜定休)中は、常に行列ができており、夕食時には売り切れ御免!となってしまう事もしばしばあります。ちなみに、台湾では列は作らず、後述の記入式の順番待ちが一般的です。

IMG_0377

土曜の11:10にお店の前にやってきた筆者。もう4グループも先客がいます。しかし、40人くらいは入れるお店なので、余裕でした。一人の場合、カウンター席もあるので、優先的に着席できることもあります。名前はアルファベッドでOKです。筆者は、よくKEN CHIBAと名乗ります。

IMG_0380

開店の11:30前は、名前を呼ばれたら、外でメニューに数量を記入します。写真付きのメニューもあるので、ご安心を。今回は一番高い数量限定の極品紅焼の満漢牛肉麺を選んでみました。「ネギは入れていい?」と「スパイシー?」と聞かれる準備だけしておいて下さい。日本語で「ネギOK!Noスパイシー!」そんな具合で答えれば大丈夫です。

IMG_0379

オープンキッチンの店内です。基本メニューが牛肉麺だけなので厨房としては狭いですが、その分、効率が良いため、次から次へとどんどん牛肉麺が運ばれていきます。ちなみに、料理は着席順に出てくるわけではないようです。

IMG_0383

料理を待つ間、セルフサービスのお茶や調味料を席に持ってきましょう。牛肉麺の大はかなり麺の量が多いため、 正直、途中で飽きます。味の変化をつけて完食を目指しましょう。

IMG_0381

極品紅焼の満漢牛肉麺400元(約1,350円)です。ちなみに、紅焼とは醤油煮込みです。恥ずかしながら、料理が運ばれてくるまで知りませんでした。しかも、普通の牛肉麺の方がうめぇじゃねーか!まぁこれはこれで旨かったですけど、日本人好みの味付けではないかなと思いました。

IMG_6678

こちらが前回いただいた満漢牛肉麺(スパイシー)230元です。個人的な感想としては、台湾で一番美味しい牛肉麺だと思います。まぁそんなに牛肉麺食べ比べたことはないですけど(笑) 是非、一度お試し下さい!

<最終編集:2016年4月>