やっと念願が叶って、シェムリアップのゲイ専用ホテル「MEN’s Resort & Spa」に宿泊してきました。前編では、部屋の内装やアメニティ、ホテル内の設備・サービスなどをご紹介します。まじでゲイの楽園です!


IMG_9741

ホテルの外観です。チェックインは14:00からですが、13:00に到着しても対応してくれました。オーナーのペリエさんがわざわざ挨拶にきてくれて、とても好感の持てるホテルだと思いました。

IMG_9758 IMG_9759

レセプションです。英語とカンボジア語のみの対応ですが、英語が苦手でもきちんと丁寧に説明してくれます。ここのスタッフは本当に教育が行き届いていて、スタッフ同士も仲が良いのが伝わってきました。

IMG_9654 IMG_9653

室内と展望です。もうテンションMAX!スタンダートとスイートがありますが、筆者が宿泊したのはスタンドート(約8,539円)方です。鍵はカードキー。また、室内に金庫があります。

IMG_9646 IMG_9648

シャワールームです。トイレはウォシュレットではありませんが、安心のケツシャ付き。バスタブはどの部屋にもないようです。後編で紹介する発展エリアにジャグジーがあります。

IMG_9655

アメニティです。OKと書かれているのは、コンドームとローションのセットです。その他には、シャンプーとシャワージェル、石けん、歯ブラシ、くしが置いてあります。タオルはふかふかです。

IMG_9767

館内規則です。特筆すべきは連れ込みについてですが、相手のIDを受付で見せれば、部屋に連れ込むことができます。また、室内は禁煙です。室外であれば館内中で喫煙可能です。

IMG_9667 IMG_9665

中庭です。ジムとプールは24時間利用可能です。筆者はジムは利用していませんが、プールは塩素がかなりきつかったです。プールサイドで、ビール飲みながらブログを更新したり読書をして日中は過ごしました。

IMG_9664

昼はお洒落で開放的なリゾートホテルですが、夜はしっかりと発展場としての一面を覗かせてくれます。気になる夜のホテルのレポートはシェムリアップ「MEN’s Resort & Spa」宿泊レポ -後編-に続く。

<最終訪問:2016年3月>