ソウルの新沙洞にあるケジャンの超有名店「プロカンジャンケジャン」を一人で食べに行ってきました。前編では、予約なしでも並ばずに食べるコツやお一人様向けメニューをご紹介します。

IMG_2681 IMG_2680

プロカンジャンケジャンは新沙駅4番出口の階段を上がってすぐの新沙洞アグチム・カンジャンケジャン通りにあります。通りにはケジャン用のワタリガニがディスプレイされている店もあり、テンションが上がります。

IMG_2682 IMG_2686

プロカンジャンケジャンは24時間営業です。もし一人で食べに行く場合は、朝から昼前までの時間帯を狙いましょう。早朝7時頃に行ったら店内は貸切状態でしたので、かなり優雅な朝食、又はブランチを頂けました。夜は予約がないと並ぶので、要注意です。

IMG_2660 IMG_2659

メニューです。一番人気の大きいカンジャンケジャンは87,000ウォンです。一人で来店した場合は、一人前からの注文も可能で、その場合は44,000ウォンです。ライスは1つ1,000ウォンです。

IMG_2683 IMG_2684

ケチな筆者はケジャンの値段にびびってしまい、カニ味噌ビビンバ23,000ウォンを注文しました。朝食にしてはかなり高いですが、手が汚れなくていいかと無理に自分を納得させました。カニの身も味噌もたっぷりで美味しそうです。

IMG_2685

むむ・・・これは!ぶっちゃけ、特別美味しいという訳ではないです。ごま油の味と若干の磯臭さしかしません。まさに大ハズレでした。釜山で食べたヘムルタンやアワビ粥もそうでしたが、どうも韓国の海鮮料理は筆者の舌には合わないようです。残念ながら悶々とさせられる朝食となってしまいました。

「一人でソウルのプロカンジャンケジャンを頂く -後編-」に続く

<最終訪問:2018年10月>